2010年08月02日

Fatiga del Verano

International Press, 31 de julio de 2010

夏バテ関連の記事。
夏バテはSíndrome de Fatiga Crónicaまたは単にFatiga del veranoだそう。

記事では、夏バテが生じる仕組みを説明したうえで、睡眠、食事等の対策を挙げている。

冷房の強い屋内と屋外を行き来する事について

...sin opción a que nuestro organismo pase por el periodo de adaptación necesario de 30 minutos regulado por el cerebro

が疲労の原因となるとしている。冷房する際の、外との温度差は5度以内、というのはよくいわれるね。

で対策のほう。

Vegetalesには
antioxidantes que lo protegen de los rayos ultravioleta
が含まれるものがある、ということで(トマト、きゅうり、なす)、食べることで皮膚が強くなるということ?よくわかりませんが。

他のrecomendaciónでは、摂取するもの(Ingerirという動詞を使用)、服装、冷房対策などが挙げられている。

Trate de caminar 30 minutos cada díaは、実践しないとなあ。

あと、一番最後に

Los japoneses piensan que los escalofríos de una película de terror los hará alvidar el calor, inténtelo

とあったけど、そういえばこういう現象(ホラーで寒くなる)って、日本人だけなんだろうか?気付かなかった。
posted by JNK at 10:05| Comment(18) | TrackBack(0) | IP-International Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

Gobierno pierde moyoría en el Senado

International Press 17 de julio de 2010

参議院は英語でthe House of Councilors、アメリカ議会の上院はthe Upper HouseまたはSenateで、議員がsenetor。IPではel Senadoとなっている。

結果については、以下のような文面が。日本語でわかってるとすらすら読める。

El partido de Kan ganó 44 escaños y su aliado, el Nuevo Partido del Pueblo(公民新党。へえ〜), ninguno.

(Kan) Agregó que se sentía responsable por no explicar claramente su llamado a debatir sobre impuestos a las ventas,...

El DPJ (これは英語読みのLiberal Democratic Party=自民党) llegó al poder con una victoria abrumadora el año pasado.

...el respaldo público se contrajo debido a un liderazgo poco firme y al mal manejo de una disputa con Estados Unidos por la ubicación de una base aérea en la isla de Okinawa.

最後の普天間基地の説明は、模範解答なのでメモ。

党名については、同じ記事に議席数を示した票があったのだけど、みんなの党は、英語名がYour Partyということで、こちらの西訳でTu Partido。

それより強烈なのは、やはり

Levántate Japón
posted by JNK at 16:23| Comment(1) | TrackBack(0) | IP-International Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

Un Sumo Amargo

International Press, 3 de julio de 2010

Opinión欄より。先週の発行なので、今週の動きには触れておらず。

相撲のスキャンダルは、他のスポーツで違法行為をして問題になった選手がいても、その種目自体の評価に関する影響がないのとは異なり、競技自体の存続危機を招く、というもの。

原因としては、相撲世界の特殊性を挙げている。

¿Cómo es posible que en un mundo tan cerrado como el (=mundo de sumo) que esa institución (la Asociación de Sumo de Japón) se ha inventado la dirigencia no haya sabido lo que sus luchadores hacían?

ここのdirigenciaは親方。ちなみに別の号では相撲部屋をescuela de sumoと言っていた。

上の疑問の答えとして

Puede ser que en su intención de proteger ritos, costumbres y creencias haya sido necesario mantener el ostracismo de la organización, pero está claro que no han sabido proteger los valores y principios de sus deportistas que son admitidos en sus escuelas desde niños y adolescentes.

これは、ワイドショーの解説の受け売りにも見える。 要は、力士を目指す世間知らずの若者に浮世離れした感覚を植え付けた上の人たち(親方や協会関係者)を責めてるわけだ。

もうひとつ、NHK(el canal del Estado)の夏場所中継(transmisión del torneo de verano)についてもここで語られている(この時点で未決定だったから)。

記事の主な内容がcorrupciónであり、具体的な名前は理事長の名前しか出てこなかったけど、意見としては、一般に国内で言われていることのまとめだったかな。相撲という日本の伝統競技でこういう不祥事が起こったことについて、もっと海外の視点で語られていれば面白かったかもしれない。
posted by JNK at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | IP-International Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

Los japoneses dicen "sí quiero" en su divorcio

International Press, 3 de julio de 2010

Ceremonias de divorcio。以前聞きかじったことのある離婚式の話題。

これのことね。
http://www.1daytravel.com/osusume/plan/008.html
(ツアー紹介のサイト)

IPにも、...ex vendedor Hiroki Terai, quien creó una "mansión del divorcio" en un pequeño espacio clandestino en Tokio とあるので、この寺井さんが執り行う式がオフィシャルなんでしょうか??

ちなみに、上記ツアー紹介サイトによれば、上のmansión del divorcioは、「離婚屋敷」、en un pequeño espacio clandestino en Tokio は浅草のどこかのようです(笑)。

式のメインイベントは、...destrozaron su anillo de boda con un mazo, un gesto que representa el final de su relaciónで、このmazoは、...tiene cabeza de rana, animal que simboliza el cambio en la cultura japonesaなんだそうですが、そうなの??
サイトの写真には、Re:婚がえると腹に書いたかえるの像があるのですが、このダジャレを言っているのか、かえるの変態がcambioの象徴だと言っているのかがイマイチわかりません。

まあ、多くの離婚カップルは、こんなおめでたいことできる心境にないんでは、と思うので、ある意味insensibleな企画だなあとも思えるんですが…
posted by JNK at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | IP-International Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Japonesa denuncia a Inmigración

International Press 3 de julio de 2010

結婚して20年以上の日本人の妻を持つガーナ人男性が、不法滞在のため強制送還される際、飛行機の中で暴れだし、同行していた入国管理局職員に制止されたのち、死亡(原因は、現在の発表では「不明」)

読売の記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100628-OYT1T00959.htm

上の記事を見てもわかる通り、denunciaとは告訴のこと。

不法滞在のため強制送還される飛行機の機内で
→ en un avión en que lo iban a deportar por tener la visa vencida

ガーナ人はghagésというそう。

日本人妻の移民局に対するdenunciaの内容は、
por haber causado la muerte de su marido al abusar de su autoridad empleando la fuerza (タオルを口に入れたため窒息死した疑いあり、という読売の記事)

autopsiaの結果、死因は"no se sabe"。機内で何が起こったかわからないだけに、はっきりさせるべき。

この件はガーナの移民であるが、Deportaciónについてはペルー人の家族も先々週の号で取り上げられており、新聞社としては当然注目しているはず。移民に賛成か反対かとか、不法移民は強制送還すべき課すべきでないか、という問題以前に、人間を人間として扱うというモラルが法に従事する人にないとなあ…と思わせる。


posted by JNK at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | IP-International Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

International Press

大昔(1999年ごろ)とってたInternational Pressの購読を再開しました。
ちょっとづつ勉強内容をメモ。
読んでいる方一緒に付き合っていただければうれしいです。
ラベル:スペイン語
posted by JNK at 16:53| Comment(0) | TrackBack(1) | IP-International Press | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

スペイン語の科学図鑑:Mi Primer Larousse De Las Ciencias De La Vida Y De Las Tierra

アマゾンで頼んでいた本到着。



科学、地理、天文など、現在理系に興味のある長男に。
日本語の図鑑シリーズもそろそろ買い揃えて行くつもりですが、やはり自分が読めるスペイン語の方が今のところいいようなので。

夢中で読んで、1日半でほぼ読破したよう。

読解力は、メキシコでも周りの子に比べて高かったし、何より読書好きなので、レベル調整しつつ、さらに日本語読む練習もさせつつ、ぼちぼち買い揃えて行きたいと思います。

長女の方も、スペイン語の音読はどうやらできるレベル。
やはり、このまま忘れてしまうのはもったいないので、お下がりに読んでくれるといいなあ、と。

この、LAROUSSE社のMi Primer...というシリーズ、中身の濃い、かつイラストも楽しいものが結構出ていて、現在持っているのはMitologia、Geografia、Dictionario等。たしか、なぜなに図鑑のようなものも出ていたはず。
大人でも楽しめます。


2008年05月13日

スペイン語圏のインターネットラジオ局

スペイン語圏の各国のラジオがオンラインで聞けるサイトです。

E-Spanish Online Radios

Learn Spanish Onlineというサイトのコンテンツの一部で、他にもお役立ちコンテンツがたくさんあるのですが(英語)、これらは自分がもう少しいじってみた上で紹介します(^^)。

ラジオのサイトは、まず、上のサイトへ行って国を選びます。
(国ごとの発音を研究したいなら、複数国選んでみるといいですね。)

すると、各ラジオ局の名前の横にAvailable formatsという欄があり、Winamp、RealPlayer、Windows MediaPlayerのどれで聞けるかが分かります。それぞれの再生ソフトをインストールしていないと、聞くことが出来ないので注意。WindowsメディアプレーヤーはWindowsが搭載されているパソコンであればたいていついていると思いますが、中には最新バージョンでないと聞けないものもあるので、その際は各自指示に従ってバージョンアップするかを決めてください。
RealPlayerも手軽に無料でダウンロードできるので、インストールしておくと何かと便利だと思います。

で、アイコンをクリックすれば、自動でそれぞれのソフトが開いて再生が始まります。
いちいちラジオ局のサイトに行ってプレーヤーを開かなくてすむので簡単。
ジャンル分けされていないので、ニュース番組だけ聞きたい!という際に探すのが大変ですが(英語の曲ばっかり放送している局もあるし。汗)、時間をかけてお気に入りを探してみては?
posted by JNK at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習に役立つサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホートン 不思議な世界...の絵本スペイン語版:Horton Escucha a Quien

日本では7月公開のアニメの絵本のスペイン語版です。
あちら(メキシコ)では、帰国直前に映画(Horton y el Mundo de los Quien)が公開になっていたので、こっちで取り寄せてみました。



原作者はThe Cat in the Hatで有名なDr. Seuss。現代はHorton Hears a Whoですが、映画の邦題は「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」というそうです(日本のオフィシャルサイト)。The Whoを、どちらの言語でもうまく訳しているかも(笑)

正直、よくまあ、こんな単純な物語を2時間の映画にしたもんだ、と思いましたが、CGを使った3Dアニメーションはかなり見ごたえがありそうです(それをいえば、The Cat...も同じですし。笑)。

英語の原文や日本語訳は読んでいないのですが、物語全体が詩になっていて、スペイン語でもちゃんと韻を踏んでいるので読んでいてもリズムがいいです。

Tendré que salvarla pues aunque no se vea,
una persona es una persona, por muy pequeña que sea.


(上で紹介した予告編にもせりふとして出てきてますね)

という感じ。ただし、リズムを合わせるために語順をかなり入れ替えているので主語や動詞をちゃんと見極めないと意味が取りにくいかも。

下に映画の予告編のスペイン語版を紹介しておきます。
(中に出てくるLa Era de Hieloは「アイスエイジ」。この映画も面白かったです(^^))

お知らせ

久々の更新です。

えー、いろいろ事情があり、結局メキシコから日本に帰国しました。

前からメルマガを読んでいてくださったり、メールのやり取りをしたことのある方は大体の事情はお察しつくかと思いますが...母子3人で帰ってきました。ははは。

予定外の帰国で、子供たちもほとんど日本語が話せないまま日本の幼稚園/小学校に通うことになりましたが、まあまあ慣れてきたようです。

ということで、長らく放置の後、さらに、メルマガも発行期間が開きすぎて事実上廃刊となり、こちらのブログの訪問者様、およびメルマガの読者様には多大なご迷惑をおかけしましたが、ブログについては、カテゴリーなども変えつつ、更新を再開したいと思います。

とりあえずは過去記事をわかりやすいように整理して、「日本の1スペイン語学習者」として、記事の発行を続けていきたいと思います。

放置中にコメントくださった方、返事ができずに申し訳ありませんでした。こちらも、時間を見ながら応答していきたいと思いますので、今後もよろしくお願いいたします。

posted by JNK at 05:36| Comment(1) | TrackBack(0) | スペイン語の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。